原材料調達・輸送

東燃ゼネラルグループは使用する原材料を、中東を中心に、ロシア、西アフリカ、北中南米など、幅広い地域から調達し、安全かつ効率的に、国内4カ所の製油所へ輸送しています。

最適な原材料選択を可能にする供給元の多様化

原油輸入量の8割以上を中東産油国に依存する日本において、製油所で使用する原油を中東のみならずロシア・西アフリカ・北中南米など幅広い地域から調達している点が当グループの特色です。供給元を多様化することで、市場環境や精製設備の状況に応じた経済的な原油を、柔軟かつ安定的に調達することができます。原油調達、傭船および製品輸出入などのトレーディング業務に従事するシンガポール支店、UAEおよびカタールにおける事務所、そして米国現地法人TonenGeneral Americas(ヒューストン)などの海外拠点を最大限活用しながら、より原材料調達の多様化を推し進め、さらなる経済性と安定供給の両立を追求しています。