沿革

1893(明治26)年、事業開始。
多様性を誇る、東燃ゼネラルグループの、120余年の歴史をご紹介します。

1893(明治26)年、灯油の輸入販売のためソコニー(スタンダードオイル・カンパニー・オブ・ニューヨーク)は、横浜に日本初の支店を開設しました。灯油ランプが照明として使われていた時代のことです。同年、潤滑油の輸入販売のため、ヴァキューム・オイルも横浜に日本支社を開設。同社の高品質な潤滑油と顧客への技術サービスは、その後日本の紡績産業を世界一の座に押し上げる原動力の一つとなりました。これが、我が国におけるエッソ、モービルブランドの石油製品販売のはじまりです。1939(昭和14)年には、航空燃料、航空潤滑油という当時のハイテク石油製品製造のため、国内石油企業の共同出資による東亜燃料工業を設立。精製専業の同社は、高度成長期の1960(昭和35)年に、東燃石油化学を設立し、石油化学産業への進出も果たしました。また、戦後間もない1947(昭和22)年、財閥解体により三井物産燃料部が独立し、ゼネラル物産を設立。のちに、石油精製およびゼネラルブランドで石油製品販売を行う企業となりました。

1893~1939

1893年
(米)ヴァキューム・オイル日本支社
(米)ソコニー日本支社
1932年
(米)ソコニー・ヴァキューム日本支社
1934年
(米)スタンヴァック日本支社
1939年
東亜燃料工業(株)〈1989年東燃(株)へ〉
航空ガソリン、航空潤滑油の製造のため、東亜燃料工業が、日本の石油会社8社の共同出資により設立される。

1940~1959

1947年
ゼネラル物産(株)
財閥解体により、三井物産の燃料部が、ゼネラル物産(後のゼネラル石油)として独立。元売り会社の認定を受ける。
1949年
東亜燃料工業(株)とスタンヴァック提携
東亜燃料工業はスタンヴァックと提携し、スタンダード・オイルの技術を導入。また、スタンヴァックは、東亜燃料工業の株式の51%を取得(後年50%へ引き下げ)。
1958年
ゼネラル石油(株)

1960~1979

1960年
東燃石油化学(株)〈現・東燃化学(同)〉
1961年

モービル石油(株)
エッソスタンダード石油(株)
スタンヴァックは解体され、モービル石油とエッソ石油が設立される。

三井物産石油販売(株)
三井物産100%子会社として設立

日東ユニカー(株)
日東化学工業とユニオン・カーバイド・コーポレーション(現ダウ・ケミカル)との合弁会社として設立。

1963年
極東石油工業(株)
モービル石油と三井石油の折半出資により石油精製専業会社の極東石油工業を設立。
1966年
日本ユニカー(株)
1965年日本側株主が三菱レイヨンになり、1966年日本ユニカーに社名変更。

1980~1999

1980年
日本ユニカー(株)の日本側株主が東燃石油化学(現・東燃化学)となる。
1982年
エッソ石油(株)
1990年
三井石油(株)

高度成長期をそれぞれモービル石油、エッソ石油、東燃、ゼネラル石油として日本経済に貢献した4社は、2000(平成12)年7月に、エクソンモービル・ジャパングル―プとして一つに集約されました。ただし、資本関係は、エクソンモービル100%出資のエクソンモービル有限会社と、東京証券取引所第一部上場会社で、エクソンモービル有限会社が50.02%出資する東燃ゼネラル石油に分かれていました。
2012(平成24)年6月、東燃ゼネラル石油のもと、精製・販売が実質的に一体化した、新たな東燃ゼネラルグループが誕生、その後、新たに日本ユニカー(現NUC)、MOCマーケティング、極東石油工業が東燃ゼネラル石油の子会社となりました(その後、MOCマーケティングは販売事業をEMGマーケティングに譲渡・統合、極東石油工業は東燃ゼネラル石油に吸収合併)。また、EMGマーケティングのLPガス販売事業を、2015(平成27)年4月に発足したジクシス株式会社(LPガス専門元売会社)へ移管しました。

2000~

2000年
東燃ゼネラル石油(株) 東燃とゼネラル石油は合併し、東燃ゼネラル石油が誕生。
2002年
エクソンモービル(有)
1999年、米国にてエクソンとモービルが合併したことにより、両社が日本に出資している企業群の再編も進む。
2012年
EMGマーケティング(同)
6月、東燃ゼネラル石油はEMGマーケティング持分の99%を取得・子会社化し、グループとして経営を一体化する。
2013年
(株)NUC ダウ・ケミカルから株式を取得、NUCに社名変更し、100%子会社となる。
2014年

東燃ゼネラル石油は三井物産の保有する三井石油の全株式を取得することで三井物産と合意。2月、三井石油と極東石油工業は、東燃ゼネラル石油の子会社となる。

MOCマーケティング(同)
7月、MOCマーケティングの販売事業をEMGマーケティングに譲渡・統合。

2015年

東燃ゼネラル石油は極東石油工業を吸収合併。

2016年
8月、東燃ゼネラル石油は、JXホールディングスとの経営統合契約等を締結。
2017年
1月、東燃ゼネラル石油は、EMGマーケティングを吸収合併。